携帯メールを浮気の証拠にするには

【クライアント様からのご相談】

夫の浮気は、携帯メールで発覚しました。

サイレントにして、着信ランプもオフにして、相手からのメールをわからないようにしていたようですが、私が「充電しといてあげるね」と、手を伸ばしただけでも慌てているのですぐにピンときました。

隙を見て携帯をチェックしたら、相手と交わしたメールがいっぱい見つかりました。

ただ、知り合いの弁護士に相談したところ、携帯のメールだけでは不倫の正式な証拠にはならないと言われました。

でも、せっかく得られた証拠ですから、できればなんとか利用したいと思います。
よい方法はないでしょうか。

《ワンポイントアドバイス》

イラスト携帯メールは、他の証拠と組み合わせて使う

不貞行為の証拠としては、メールだけでは弱いです。

それは、メールというのは、状況を推し量る材料にはなったとしても、肉体関係があったことを客観的に証明できるものではないからです。

客観的な証拠というのは、たとえばラブホテルに出入りしている写真を撮ったとか、その現場を押さえたとか、夫自身が自白し、それを録音してあるといったものです。

言葉のやりとりではなく、そういう行為があって、それを直接的に証明する証拠でなくてはいけないということです。

裁判でも、不貞行為の証拠というのは、厳しく審査されます。

携帯メールは、いくらでも偽造できますし、厳密にいえば、携帯の持ち主本人が送ったという証明もできません。

では、携帯メールなど何の証拠能力もないのかというと、そういうわけでもなくて、要は補足材料として用いれば、十分利用価値があります。

たとえば、携帯のメールで今度の土曜日に相手女性と会うことがわかったとします。

その日時に相手女性と会うためには、ご主人はあなたに嘘をつく必要がでてきますね。

たとえば、急に仕事が休日出勤になったとか、同僚の代わりに出張が入った、といった具合です。

そこで予定の日時を過ぎた頃に急用を装って職場に電話をしたり、ご主人の行動を確認してみると、メールの内容にあわせた日時に、ご主人が嘘をいってどこかに行っていたことは裏づけがとれるわけです。

このように、ご主人の嘘と、メールの内容が日時やタイミングでつながれば、そのメールはとても大事な証拠のひとつとなります。

つまり携帯メールによる証拠は、それ自体に法的な効力を求めるよりも、相手の行動の事実を確かめたり、あるい相手を問い詰める手段として用いることで、大変有効な活用ができるということです。

問い合わせ