浮気する夫は何を思っているのか、その本心は?

不倫をしてる夫にとって、妻や家庭は『日常』であり、不倫は『非日常の世界』という認識を持つことがあります。

いつもの暮らしを維持しつつ、もうひとつの別な世界で、『もうひとりの自分』として、相手女性と会っている感覚です。

綺麗な言い方をしてしまえば、『夢の中の出来事』というわけです。

もちろん、あなたにとっては、『夢の中なんて冗談じゃないわ!この苦しみは現実よ!』と思われるのは当然なのですが、実は、この『夫と妻の意識のギャップ』が、夫の行動を理解不能にして、いろいろと面倒な問題を起こしているのです。

たとえば、妻の心情として、「私がこんなに辛い思いをしているのに、どうして夫は平気でいられるの?」という思いがありますね。

「妻が苦しもうと悲しもうと、俺は彼女が好きなんだから知ったことか」という男性も中にはいますが、基本的には、不倫している男性といえども、妻が苦しんでいることが平気なわけではないし、

妻の存在がどうでもよくなっているわけでもありません。

それどころか、妻との『日常』は、できるだけ現状維持をしたいと思っているのです。

でも、いくら夢の中だのなんだのと言っても、それは夫の意識の中だけの話であって、実際にはあなたに隠れて相手とLINEを交わしたり、嘘をついて相手と会ったりするわけで、それらはすべて現実の話です。

現実にやっていることですから、されているあなたの苦しみも現実です。

当然、そんなことやめてほしいと訴えるわけですが、夫の意識の中では、家庭と不倫は別の世界の出来事ですから、『家庭を犠牲にしているわけじゃないし、俺の勝手だろ』となるわけです。

中には、妻が涙ながらに問い詰めて、その苦しみを訴えたときに、『そんなに辛いなら知らなければいいのに。どうして調べたりしたの?』とか、

『僕はむしろ、君を傷つけないように隠していたんだよ』と開き直りとも思える発言をする夫もいます。

でも、こういう夫でさえ、相手女性のためにあなたとの関係を代償にすることは、基本的には望んでいません。

そんなことは割が合わないと、本当はわかっているのです。

ではどうして、不倫が非日常の枠の中だけで納まらず、現実の世界にまで侵食してきてしまうのでしょうか。

それは、不倫には『相手』がいるからです。

想いとしては非日常でも、相手の存在は現実としてあるので、付き合う期間が長くなるにつれて、夫の思考や行動も、少なからず相手女性の影響を受けるようになっていきます。

たとえば、相手女性は不倫が進行していくと「奥さんのことよりも、私との時間を優先して欲しい」とか「奥さんと仲良くしないでほしい」という思いを深めて、それを男性に求めてくるケースも少なくないです。

結果として、夫の思考は、自分がどうしたいかではなく、相手女性が何を望んでいるかが基準となり、それをしなければいけないとばかりに、自身の言動が変わっていってしまうのです。

そんな中で、妻に不倫がバレて問い詰められたような場合は、「もはやこれまで」とばかりに、相手女性が望んでいた『離婚』を口にすることもあります。

ただし、夫自身は、離婚することが具体的にどういうことを意味するか、どれほどの犠牲が伴うかはほとんど自覚できていなかったり、覚悟がない場合が大半です。

たとえば、子どもの親権や経済的な保証(慰謝料、財産分与、養育費、今支払ってる住宅ローンや生命保険はどうするか)、親や身内にはどう説明するか、仕事上での体面……

勢い余って離婚を切り出してきたとしても、離婚することで、夫のほうが『得』をする話はほとんどありません。

もっといえば、浮気を認めた時点でご主人は有責配偶者ですから、自分で離婚を求める権利はありません。

仮にあなたが離婚に合意して、そうなったとしても、それが彼の幸せであるかは甚だ疑問です。

離婚して、子どもと離れて暮らす辛さ、相手女性の豹変などで、かえって奥さんや子どもを思って、憂鬱な日々を過ごしているという顛末もよく聞く話です。

そうした点を冷静にひとつひとつ説明していくと、ようやくそこで本当の現実を知り、顔が青ざめていく夫も珍しくありません。

いずれもしても、「知らなければよかったのに」といっている夫ほど、『知ってしまったあとで、本人こそ青ざめていく』ということを、現実の中で気づかせていくことが必要ですね。

 

❖この記事を読んだ方は、こちらもよく読まれています リストマーク浮気に対する男性の意識