浮気する夫は何を思っているのか、その本心は?

これは、不倫の初期段階に限っていえることですが、夫にとって、妻や家庭は『日常』であり、不倫は『非日常の世界』という認識を持つことがあります。
イラスト
いつもの暮らしを維持しつつ、もうひとつの別な世界で、『もうひとりの自分』として、相手女性と会っている感覚です。

綺麗な言い方をしてしまえば、『ウワキは夢の中の出来事』というわけです。もちろん、あなたにとっては、『夢の中なんて冗談じゃないわ!この苦しみは現実よ!』と思われるのは当然なのですが、実は、この『夫と妻の意識のギャップ』が、夫の行動を理解不能にして、いろいろと面倒な問題を起こしているのです。

たとえば、妻の心情として、「私がこんなに辛い思いをしているのに、どうして夫は平気でいられるの?」という思いがありますね。

「妻が苦しもうと悲しもうと、俺は彼女が好きなんだから知ったことか」という男性も中にはいますが、基本的には、不倫している男性といえども、妻が苦しんでいることが平気なわけではないし、妻の存在がどうでもよくなっているわけでもありません。

それどころか、妻との『日常』は、できるだけ現状維持をしたいと思っているのです。

でも、いくら夢の中だのなんだのと言っても、それは夫の意識の中だけの話であって、実際にはあなたに隠れて相手とメールを交わしたり、嘘をついて相手と会ったりするわけで、それらはすべて現実の話です。

現実にやっていることですから、されているあなたの苦しみも現実です。

当然、そんなことやめてほしいと訴えるわけですが、当の夫の意識の中では、家庭と不倫は別の世界の出来事ですから、『家庭を犠牲にしているわけじゃないし、俺の勝手だろ』となるわけです。
イラスト
よく、妻が涙ながらに問い詰めて、その苦しみを訴えたときに、『そんなに辛いなら知らなければいいのに。知るから辛いんだよ』とヒトゴトのようにいう夫がいます。

でも、こういう夫でさえ、相手女性のためにあなたとの関係を代償にすることは、基本的には望んでいません。

そんなことは割が合わないと、本当はわかっているのです。

ではどうして、不倫が非日常の枠の中だけで納まらず、現実の世界にまで侵食してきてしまうのでしょうか。

それは、不倫には『相手』がいるからです。

想いとしては非日常でも、相手の存在は現実としてあるので、付き合う期間が長くなるにつれて、夫の思考や行動も、少なからず相手女性の影響を受けるようになっていきます。

ですので、いくら夫が不倫を夢の中の出来事として収めようとしていても、相手との関係が進行して、関わりが深くなってくると、それは否応なく現実のものになっていきます。

そして、時間が経過していく間に、夫の心に変化が起こり、はじめは家庭をこわす事など考えていなかったのに、離婚と言う二文字がちらつくようになることもあります。

問い合わせ