マジメな夫は浮気しない?

ご相談を伺っていると、『夫はマジメな性格なのに、浮気するなんて信じられません』とおっしゃる方も少なくありません

でも浮気は、マジメな性格だからしないとか、不マジメでいいかげんだからする、というものではありません。

どんなにマジメで、誠実で、正直な夫であっても、浮気に至ってしまうケースはあります。

そうした夫の多くは、自分が浮気をするなんて、予期するどころか、考えてもいません。

逆にいうと、それだけ自分のなかで心の予防措置がとられていない、いわば浮気に対して無防備な状態なんです。

そのため、たとえば職場の女性から悩みごとを相談されたとか、友達だと思っていた女性から突然告白され、ムゲにできずに誘いに応じたなど、些細なきっかけが発端となって、『浮気をするつもりはなかったけれど、気がついたらこんなことになっていた』という男性もたいへん多いです。

また、マジメな夫の場合、相手女性に好意を持ったとしても、妻がいる身でそれはNGだと一応はわかっていますから、自分からデートに誘うとか、好きだと告白するような積極的な行動はとらず、自分の中の想いとして留めておく、いわゆる『片思い』のような状態に陥ることもよくあります。

片思いのままで気持ちが収まっていけば、当然ながら浮気には至りません。

でも、心の中では相手女性に恋をしている状態ですから、『彼女に会いたい』、『彼女と一緒にいたい』という感情には火がついてますし、相手女性が笑顔を見せたり、親しげな態度を示すたびに、『もっと親しくなりたい』という欲求はどうしても強まってしまいます。

そして、何かのきっかけでLINEやメールのやり取りが始まり、片思いから『浮気』という両想いに発展して、妻にウソをつき隠し事を繰り返しながら、女性との関係が深まってしまうのです。

この段階ではもう、夫の制心はコントロールが効かなくなっている状態ですが、このときの心情として、妻も家庭も犠牲にするつもりはありません。

妻に対して愛情がなくなっているわけでもなく、夫婦関係も良好に保ちたい一方で、『自分はバレずにうまくやっていける』と考えています。

気持ちと行動が裏腹で、非常に矛盾した状態ですから、妻の立場からしたら「マジメだと思っていた夫が浮気して、彼女に恋してても妻とはうまくやっていきたくて、ウソや隠し事を重ねながら家庭は大事にしたい?わけがわからないわ”(-“”-)”」と思いますよね。

このあたりの夫の心情を、もう少し突っ込んで知りたい方は、「浮気したら、妻のことは愛せない?」のページでも関連した記事を書いていますので、ご覧になってみてください。

さて、『浮気と夫の性格の関係性』ということで、もうひとつ触れておきますと、夫の性格がマジメかそうでないかによって差が出てくるのは、浮気が始まるときよりも、むしろ終わらせるときのほうが大きいです。

つまり、妻に知られ、問いただされたときに、事実を素直に認める男性もいれば、逆ギレや開き直りに転じる男性もいます。

話し合いをしたあとも、自分の過ちを自覚して、二度と浮気はしないと決心してやり直そうとする男性もいれば、いつまでも相手女性とズルズルと続いたり、懲りずに何度も浮気を繰り返す男性もいます。

また、相手女性の影響を受けやすいタイプの男性は、一度は本気で女性と別れようと決心しても、いざその女性に別れ話をする段階になると、女性を拒むことができずに、引っ張られてしまうこともよくあります。

そのあたりは、性格というよりも、意思の強さ、考え方や価値観の差、欲と理性をどれだけコントロールできるかといったことも、大きく関係してくると思います。

よく「一度でも浮気をした夫は、必ずまた繰り返す」という話を聞きますが、決してそうは言い切れません。

自分の浮気によって妻を苦しめたり、家族の幸せを脅かしたこと、その代償の大きさを目の当たりにして、『本当に大切なもの、守りたいものが何なのか』に気づき、ゼロどころからマイナス100くらいからの再出発をして、今まで以上に家族を大切にしている男性もいます。

当然ですが、そういう男性は、浮気なんて二度とやりません。

マジメな男性でも、過ちはあります。

大事なのは、その過ちから如何にして、幸せを取り戻すかだと思うのです。