夫婦の意思疎通が難しい件

ときおり『夫婦の意思疎通ができず、夫が何を考えているかわかりません』というご相談をいただくことがあります。

決して夫と不仲なわけではないけれど、なんだかお互いに向き合えてない気がする。

もっと夫婦の時間も持ちたいとは思うけど、子育てや家事、仕事に忙しくて、心の余裕もあんまりないし、それに、小さな不満をいちいち言ってたらキリがないから、『あきらめ』に転換して、今日一日をなんとかやり過ごしていくのに精いっぱい、、、、

そんな日常に『このままではいけない』と気づいて、一発奮起して夫とコミュニケーションをとろうとしても、反応が薄くて会話が続かなかったり、かえって喧嘩みたいになって悲しくなったり、なんだか二人でいても空気が重くて、『なんかもう、わけわかんない』、、、、なんてお話も、よく伺います。

『私が話しかけると、夫はなんだかとても不機嫌な様子になります。話をしたくないんだな、と思って、私も話すのをやめてしまいます』という方もいます。

ただ、そう見える場合でも、妻に話しかけられると腹が立つとか、妻と話をするが嫌だとかいう男性って、あんまりいないです。(もしいたら、その男性はそもそも別の問題があるかと……)

とはいえ、もともと口の重いタイプの男性は、必要がない限り自分から話そうと思わないし、会話自体にとても消極的だったりします。

また、何か不満があったり、言いたいことがあったとしても、いちいちそれを口にするのは女々しいとか、男らしくない。言い訳をしているようだと考えて、口を閉ざしてしまうことも多いです。

『なんでそんなに不機嫌なの?私と話をするのがそんなに嫌なの?』と涙ながらに訴える妻に、むっつり無言でめんどくさそうに眼をそむける夫……

夫婦において意思の疎通が難しいのは、『会話をしようとする妻と、会話を面倒くさがる夫』という図式になっていて、『互いに会話を求めている』という図式になれてないことも要因のひとつです。

夫婦で意思の疎通を図っていくためには、まず会話に対する意識を変えることです(特にご主人側に、、、)

会話は何のため?と男性に聞くと、『情報を共有するため』とか『自分の意思を伝えるため』と答えることが多いです。

では、たとえば朝起きて、窓から差してくる日の光を見て「おはよう、今日はいい天気だね」という会話で、情報を共有したり、意思を伝える必要があるかといえば、ないですよね。

外を見れば良い天気かどうかは自分で見ればわかるし、黙っていても何の不都合も起きないでしょう。

でも、朝起きて『おはよう、今日はいい天気だね』という言葉に対して、『おはよう、晴れてよかったね』という言葉を返せば、そこに思いが通いあう余地が生まれ、相手も言葉に温かみを感じることができます。

夫婦の意思の疎通とかいうと、なんだかすごく難しいことのように感じるかもしれませんが、要は、こういう会話を通して、互いの思いを感じあうことができているか否かです。

こうした点に意識が向いて、会話を通して『思い』を感じられるようになってくると、夫婦のコミュニケーション不足というのは、見違えるように良くなってきます。

よく、『夫婦なんだから、言わなくてもわかるはず』という阿吽の呼吸を求めるご夫婦がいますが、50年も連れ添った仲ならともかく、普通は言葉で言わないと、自分の意思などなかなか伝わりません。ましてや、男性は妻の心情を理解することにとても疎いです。

意思の疎通とは、考え方や意見の相違があっても、それを乗り越えて叶うことです。

イラストときには、喧嘩になったり、口論になってしまうこともあるでしょう。

でも喧嘩もまた、大事なコミュニケーションであり、感情を理解しあう機会でもあります。

昔から、『喧嘩をするほど仲がいい』っていいますからね。

 

問い合わせ