車から見つかる浮気の兆候➁

車を浮気に使っている場合、車内には、なんらかの痕跡や証拠が残っている場合が多いです。

もしもパートナーの専用車などの場合、必要に応じて、こっそり合鍵を作っておきます。
どうしてもこっそり車の鍵を持ち出せないような場合は、鍵に刻まれている数字の刻印をメモしておけば、その車のディーラーに依頼して、同じキーを作成してもらうこともできます。

ただ、車内のチェックをする際に、パートナーが不在のときを狙ってできるなら良いですが、通勤に車を使っているような場合、家に車がある=パートナーが在宅中、ということになりますから、あからさまに車内をチェックしようとするのは難しい場合がありますね。

ですので、たとえば、あなたが車を使ったときや、同乗したときに、携帯や財布などをこっそりと車内に残しておいて、「車の中に忘れてきちゃった」とか、「車の中に落ちてないかなぁ」と言って、探しにいく理由をつけて車内をチェックする、という手もあります。

また、できるだけ夜は避けて、明るい昼間にやりましょう。

チェックをする際には、助手席のシートの位置がいつもと変わってないかとか、浮気相手の髪の毛が残っていないかとか(粘着テープでチェックする)、ダッシュボードやサイドポケット、灰皿、サンバイザーなど、細かなところまでくまなく調べます。

タバコの吸殻があれば、銘柄が違ってないかなどをチェックします。

タバコの吸い方にも人それぞれの特徴が出ます。根元まで吸うとか、ちょっと吸ってすぐ消してあるとか、また消し方にもそれぞれのクセが出ますので、パートナー以外の人のものは結構すぐにわかったりします。相手が女性なら、口紅かついていることも。

また、シートの足元や真下に、いろいろなものが落ちている可能性があります。ちょうど座席からは死角になることも多いので、密会の際の落し物がそのまま保存されていることもよくあります。

車の後部トランクとか、スペアタイヤを積むスペースのところに、家に持ち込めないももの、たとえば、浮気相手ととった写真とか、どこかで買った記念の品とか、場合によってはプリペイド携帯などが隠されている場合もあります。

ただし、そこで証拠を見つけたとしても、それを持ち出したり、位置を移動させてはいけません。
あなたが車内を探したことが奥様にバレてしまえば、以後の証拠集めができなくなってしまいますので、かならず現状復元しておくようにしてください。

気になるものがあったら写真に撮ったり、ビデオ動画で記録したりして、証拠として保存しておきます。

また、通勤に車を使っているような場合、ご自宅から職場まで何キロくらい離れているか、実走行は往復何キロくらいかを調べておくと、仕事と偽って相手男性と会っているような場合に、不自然に走行距離に伸びたり、逆に少なすぎたりするのですぐにわかります。

できれば、怪しい日の前日にメーターの距離計の写真を撮っておいて、奥様が帰宅したあとに、再び距離計の数値を撮影しておくと、1日の走行距離が何キロだったかを明確に指摘することができます。

そうした写真は、あとからパートナーと話し合いをされる際に、嘘やごまかしで言い逃れをされないための、大事な証拠になることがあります。

ただ、これらについても、単発的ですと断定はできませんので、ある程度は継続して観察する必要がある場合もあります。

問い合わせ