浮気が始まって3か月間の脳は……

浮気をしているとき、脳のなかの腹側被蓋野(ふくそくひがいや)という部分が活発に動いています。

これは男女ともにいえることですが、いわゆる「恋愛モード」に入ると、腹側被蓋野は、ドーパミンという脳内物質を大量に分泌します。

ドーパミンは、いわゆる「やる気」を出させます。

集中力がアップして、気力が充実し、疲れもものとなくなります。

冬の寒い中、雨の降りしきる中、うだるような炎天下の中でも、恋人を待って辛抱強く立ち続けていられるのは、ドーパミンによるものです。

そういう状態ですから、浮気相手と会っているときは、もう夢の中にいる感じです。

よく、携帯やラインのメールから浮気が発覚して、あまりに赤裸々な内容に愕然としてしまったり、

そこまで相手のことが好きなら、もう離婚しかないのかと絶望的になってしまうことがありますが、

メールのやりとも、そういうテンションのなかでやっているので、あまり真に受けてしまわないようにしたほうがよいです。

もちろん、勢いで無茶な行動に出てしまうこともあるので、まったく無害とはいいきれませんが・・・・・

さて、ドーパミンが大量に分泌されて活発に動いている腹側被蓋野とは対照的に、偏桃体・頭頂側頭結合部という部分は、活動が低下します。

ここは、ものごとを判断したり、「これはよくない」と批判的な考えを持つなど、思想、思考をつかさどる部分です。

つまり、本人はほとんど思考力を持てない状態です。

まったく活動がゼロになるわけではないですから、頭に中でぼんやりと、浮気がバレたらまずいな、とか、なんとか嘘をついてごまかそうとしたりはします。

でも、浮気をしていることが悪いことだとか、パートナーを裏切っている行為だとか、このままでは夫婦関係が壊れてしまうとか、そういったことを冷静に考えて、自分の行動を判断できるだけの力はまず「ない」と思ったほうがよいでしょう。

よく話し合いをしようとしても、わけのわからない言い訳や開き直りで、ほとんど話し合いにならなかった、ということがありますが、これは、この偏桃体・頭頂側頭結合部の活動低下が原因です。

逆に言って、偏桃体・頭頂側頭結合部の活動を、どうやって元に戻していくか、ということを含めて対策を考えていくことがとても大事なことだったりするんです。

たとえば扁桃体は情動的な出来事、たとえば恐怖感に対する刺激に反応します。

この恐怖に関する関連付けから、偏桃体・頭頂側頭結合部の活動を活発にして、「夢の中」から覚まさせる、ということもひとつの方法として考えられます。

端的にいえば、本人がもっとも怖いと思うことを意識させる、ということですね。

問い合わせ