GPS端末で浮気現場を押さえた事例②

(前はこちら)

女性には2人の子供 (上が小4くらいの男子、下が幼稚園くらいの女子) がいて、住所も判明しました。

しかし相手女性の勤務先も不明ですし、目撃と状況証拠だけでは完全な確信に至りません。

そういえば先日、仕事の資材置き場のロッカーから、父の友人名義の銀行通帳とキャッシュカードを発見しました。

少し飲みに出る機会が多くなって、その金の出所を怪しんでいたのですが・・・

父は造園関係の自営業を家族ともに営んでいますが、ここ数ヶ月、稼動の割りに収入が上がらず、月単位で赤字を出していた理由がやっとわかりました。

140万円の仕事を90万円に値切られた、という仕事があったのですが、それもひょっとしたら前金で50万円受け取っていたのではないか、と疑うようになりました。

普段は値切るようなお客さんではありません。

90万円の集金に行ったときも、「領収書はいらない」といわれたので発行していませんし、そうなると50万円の分も領収書が残るはずがありません。

100万円ほどあった貯蓄を使い果たして、とうとう資金繰りが行き詰まり、信用金庫に融資を申し込んでいる最中に、裏領収書などが出てきました。

資金繰りに苦慮し、資料をそろえて銀行に融資を申し入れる等、母も私もなんとか乗り切ろうと頑張っている裏で、父は自分の小遣い(にしては多額)稼ぎをせっせとしていたと思うと、呆れるやら虚しいやら・・・

会社からは毎月5万円もらい、家計からも5万円渡し、それをきっちり使い果たして、まだ不足ということでしょうか。

家庭内の会話をまるっきり覚えていないというのも気になります。(同じことを何回も聞く。たとえば「彼岸の墓参りはいつ行くのか」等)。

また、私が電話で受けた仕事の依頼を父に伝えて、父の言ったとおりに予定を組んでいたにもかかわらず、当日には忘れてしまっていたこともありました)

それを責めると逆ギレ・・・・・・お客様の信頼にかかわることなのに、です。

10/13~14には友人とツーリングに行くといっていますが、怪しいものです。

バイクはココセコムで追跡可能なので、レンタカーで追いかけ、浮気相手ならその場に乗り込むかもしれません。

母は必ずしも離婚を望んでいるわけではありませんが、現状が続くようであれば、離婚もやむをえないと考えているようです。

続きはこちら