GPS端末で浮気現場を押さえた事例①

ココセコムなどのGPS端末は、活用の仕方次第で、浮気現場を押さえることもできます。

以下にご紹介するのは、実際にココセコムをフル活用した福田さん(仮名)のケースです。(プライバシー保護のため、文中の氏名、年齢、家族構成などは、脚色を加えておりますことをお断りさせていただきます。)

【福田さんからのメール】

こんにちは。福田と申します。当方、28歳、未婚、男です。

父の浮気についてご相談します。

これまで私ひとりで母をフォローしていましたが、やはり限界があるようです。

どうしようもなく、気持ちが落ち込んでしまっているときには、「どうせあんたにはわからない」と八つ当たりされています・・・・

ただ、牧口さんのサイトを読ませていただいて、冷静に対応したほうがいいと思っているようで、気持ちにまかせて突っ走ることは自重しているようです。

実は父は、10年前にも一度浮気をしています。

ですので母も、今度は許したくない、という気持ちでいるようです。

牧口さんのサイトで書かれていたとおりに、調査も行いました。

まず、父の携帯の通話記録を見てみてると、特定の携帯電話に頻繁にかけています。

通話料も、それまで月に4000~5000円だった携帯代が、一気に14000~18000円に跳ね上がっています。

また、平日は朝(自宅を出てすぐ~出勤後)と、昼食時および夕方(仕事上がり~帰宅前)に必ずといってよいほど、通話していて、そのほかにも仕事に合間に多いときは5回以上通話しています。

ほかにも、休日も家を出るたびに通話していますし、夜「飲みに行ってくる」と出たときも必ず通話しています。

9月以降は少しずつメールも行っている様子ですが、いままで父は家族ともメールしたことはありません。

その携帯の持ち主はナガノと名乗る女性(声は30代後半~40代くらい)です。

母の友人が、間違い電話作戦で名前を確認したところ、相手が名乗りました。

それからしばらくして、夜23:30頃、飲みに出ているはずの父が、自宅のすぐ近くで、女性の運転する車から降りるのを母が偶然目撃しました。

数分ほどその場で父とその女性は会話をし、再び車に乗り込んで走り去りました。(結局父が帰宅したのはそれから2時間後でした)

女性には2人の子供 (上が小4くらいの男子、下が幼稚園くらいの女子) がいて、

(続きはこちら)