浮気相手から父を取り返した娘の記録⑨

前はこちら

ただし、脅迫的な言い方になったり、慰謝料目的で話をしている、というふうに思われないように、あくまで法的手段によって、正当な権利として慰謝料を請求する、という態度を貫くことが大切です。

二日後、石野さんから、下記のようなメールが届きました。

【石野さんからのメール】

最近、父の浮気のことを考えると、夜もなかなか眠れません。

私の言動が大きなカギになる、ということにプレッシャーを感じているからだと思います。

あと、母の心情を考えると、可哀想で、同時に父と浮気相手が憎らしくて・・・・

私なりにやってみようと思います。

実は私、三日前に入籍をしました。

両親のことがあるので、心から喜べないのが悲しいですが・・・

今年の正月に彼氏が私の家に行き、私の両親に結婚の許しをもらったのです。

そのとき、彼氏もいるので事を荒立てたくなくて(彼氏、つまり今の私の旦那は、父の浮気のことをすべて知ってはいるし、父もそのことを知っていますが)、私には父にいつもと変わらない明るい態度で接していたので、父はとても嬉しそうでした。

自分で言うのも何ですが、私のことを相当かわいいのではないかと思います。

母が何を言っても、父は無言になったり逆切れしたりするらしいのですが、私に対してはそういう態度をとりません。

父は、母から何か言われるよりも、私に責められるほうが弱いみたいです。

だから、牧口さんの言うとおり、まずは父に言わずに相手の親のところに行き、事実を話した上で、さらに父と話しをしようと思っているのですが、そのときに泣き落とし作戦を実行しようと思っています。

そして、「母をもう見ていられない。私も結婚したし、このままお父さんと気まずいままでいたくない。

私の本当のお父さんに戻ってほしい」と情に訴えかけることもしようと思っています。

以前浮気がばれたときに、私が父と話し合いをしたときは、私は極めて冷静な状態で父を諭しただけだったので、私が泣き崩れたりするのも、父に罪悪感を持たせる手段かな、と思うからです。

そんなふうに思いつつ、昨日、母と電話をしました。

ところが、そのときに聞いた内容は、私にはまったく理解できませんでした。

(続きはこちら)