浮気相手から父を取り返した娘の記録③

前の部分はこちら

まだツーショットの写真が取れていないようなのですが、もしもそれが撮れれば、それを持って、同居している相手の親に会いに行こうと思っています。

必要ならば、浮気相手がいる時間に行ってもいいと思っています。

母はかなり精神的に参っているので、連れて行くつもりはないのですが、祖母と一緒に行ったほうがいいのか、私一人で行ったほうがいいのか、父に「相手の家に行く」と言ってから行ったほうがいいのか、また、どうやって話を進めればいいのかが良くわかりません。

ただ、かなり浮気が始まってから時間が経ってしまっているし、母も限界に来ているので、もうここで決着をつけたいのです。

浮気相手も父もかなり本気なので、正直難しいとは思っていますが、母は「まったく離婚は考えられない、早く戻ってきてほしい」と考えているようなので、私は何とかして別れさせたいと考えています。

そのためなら、最悪の場合、裁判もするつもりです。

ただ証言する母の精神的ダメージを考えると、できることなら、父に改心してもらって、裁判は避けたいのですが・・・・

今はとにかく、興信所の方が証拠写真を撮ってくれることを待つばかりです。

興信所の方の話では、月に2~3回は相手とラブホテルに行っているようです。

母は、父に「浮気がまだ続いていることはとっくに知っている。

自分がこんなに傷ついているんだから、もうやめてほしい」と言いたいのですが、その話をすると、父がかなり冷たい態度をしたり、母が傷つくようなこと(浮気相手を愛しているなど)を言ったりすることがわかっているので、言いたくても言えず、お互いにそのことは一切触れずに仮面夫婦のような生活をしているようです。

以前、そういう話をしたときに傷つくことを散々言われたことがあり、それから動悸がおさまらず、精神科でもらった精神安定剤や抗うつ剤、睡眠薬を今も服用している状態です。

何をしていてもどこにいてもそのことが頭から離れず、父がいないときはいきなり奇声を発したりすると、祖母から聞かされました。

母は以前にガンや目の病気をしているので、このままではまた生命にかかわる病気になってしまうのではないかと、娘としては気が気ではありません。

唯一の救いは、今私が実家にいないのですが、祖母(母からすると姑)が同居していて、母の味方になってくれていることです。

母は、離婚はまったく考えていませんので、父が相手と別れることしか、母を今の状態から救い出す手立てはないようです。

(続きはこちら)