浮気相手と喧嘩別れさせた事例

この方法は、ある主婦の方が、夫の目を覚まさせるとともに、浮気相手と喧嘩別れさせる目的で実践した事例です。

あくまで参考事例としてご紹介します。

なお、これらの方法を実践した結果については、すべて自己責任となります。

また、必ずしも期待通りの結果が得られるとは限りませんので、その点はあらかじめご承知おきください。

この方法は、簡単にいえば、『浮気相手に関係した架空の人物を設定して、その人物から狙われているように思わせる』というものです。

条件としては、まだ夫に浮気を問いただしておらず、あなたが知っていることも気づかれていない状態であることが理想です。

方法としては、まず、ご主人が仕事から帰ってきたら、「ねぇあなた、今日、知らない男の人から電話がかかってきて、あんたのダンナを許さないとか、責任を取らせるとか、わけのわからないことを言っているの。すごく怖くて途中で切っちゃったんだけど、ただのイタズラよね?」と、おびえて見せます。

もちろんこの時は、浮気していることを疑っている、という感じで言うのではなく、あくまで電話があったことを告げて、ご主人を信じているふうに装ってください。

また話の信ぴょう性を高めるために、電話には、非通知の着信履歴を残しておきます。

話を聞いたご主人は、自分の浮気を知っている何者かが、脅しの電話をかけてきたことにまず不安を感じます。

でもたぶん、ご主人はすぐには認めないでしょう。

なので、これを、3~4日続けます。

「今日もかかってきたのよ。例の男。陰湿な感じですごく気持ち悪かった」

「ウチの住所も知っているって。ここに来るっていってるのよ・・・・・・あなた、ほんとうに心当たりがないの?」

などと、次第にエスカレートしているように言うのが効果的です。

そして、ダメ押しでご主人の在宅中に、非通知の無言電話をかけます。そのときに、あなたがご主人のそばにいないと怪しまれるかもしれませんので、できればご友人やお身内の方にかけてもらうのがよいでしょう。

電話がかかってきたら「きっといつもかけてくる男よ。あなた、出てみて」と言って、ご主人に出てもらいます。そして、ご主人が出たら、しばらく無言のまま時間をおいて、少し乱暴に切るようにあらかじめ頼んでおきます。

ご主人は、無言ではあっても、あなたの言うとおりに電話がかかってきたことによって、ますますあなたの言うことを信じ、浮気相手に関わる誰かだという不審感を募らせていきます。

当然、ご主人と浮気相手との間では「そんな相手はいない」とか「私の言うことが信じられないの?」といった喧嘩のタネになっていきますし、浮気相手のほうも、ありもしない疑いをかけられて、ご主人にイヤ気がさしていく可能性が大きいです。

仮に浮気相手が潔白を主張しても、ご主人は、実際に電話がかかってきているので、あなたのほうを信じざるを得ません。

今まで夢心地で浮気を楽しんでいたところに、いきなり気味の悪い電話や、彼女に絡んだ男の存在がでてくれば、イヤでも現実の問題として受け止めざるを得なくなります。

そのタイミングで、逆にあなたがご主人の味方になる姿勢をとって、ご主人を支える側に回ることができれば、ご主人は、あなたと夫婦でいることを再認識して、夫婦が一緒にいる普通の暮らしのほうが、よっぽど平和で安心だと実感する機会となるでしょう。

そうなれば、浮気相手に対する気持ちが急速に冷めていって、浮気を続けるよりも、もとの暮らしにもどることに心が向いていく可能性が高いです。

ただ、あなたが仕組んでいると知られると、取り返しがつかないくらいの逆効果になる恐れがあり、かなりリスクが高いの方法であることは確かです。

また、相手女性によっては、あなたが仕組んでいることを直感的に感じ取って、何らかの対抗措置をとってくることも考えられます。

ですから、私としては、この方法をお勧めしているわけではありません。

あくまでこういうケースがあったという参考事例としてのご紹介ですので、ご理解いただければ幸いです。

 

問い合わせ