ダブル不倫が判明したときの対処法

夫が浮気をしていて、その浮気相手にもまた夫がいる、いわゆるダブル不倫であることは珍しいことではありません。

そしてご主人があなたに隠れて相手女性と会っているように、相手女性も、自分の夫には不倫を隠しているでしょうから、知られるのは困るはずです。

そこでひとつの方法としては、相手女性にあなた自身が直接話をして、『このまま夫との関係をやめてくれるなら、私も黙っているけれども、そうでなければ、私もあなたのご主人に話をするしかなくなります』といった旨のことを伝えて、相手女性が自分から身を引くように求めていくことも一つの方法です。

相手女性も、自分の弱みを握られている格好なので、別れることに応じてくる可能性もかなりあります。

あるいは、相手の夫にあなたからコンタクトをとって、協力を仰ぎ、双方から別れさせていくという方法もあります。

ただし、これらの方法は、相手女性の特定ができていて、自宅もしくは相手女性の夫の連絡先がわかっていることが条件となります。

いずれの場合も、相手女性の夫と話をする時には、直接会うか電話で行うようにして、メールは避けたほうがよいと思います。

メールですと相手の反応もリアルタイムに確かめることができませんし、通信記録を相手側に残してしまうことになるので、あとあと何らかの心配材料になってしまう恐れがあるからです。

切り出し方としては、相手女性を責めたり、追及するような姿勢を見せるのではなく、どちらかというと、『うちの夫が申し訳ないことを・・・・・』といった体でまず謝って、相手が『どうしたんですか?何かあったのですが?』などと関心を向けてきたら、『突然申し訳ありません。実は、私の夫が、奥様と不倫関係を持っている疑いがありまして、なんとか別れさせたい思いでまいりました」といった趣旨の内容を伝えます。

そのときに、相手が信用するに足りる証拠を用意できれば良いですが、必ずしも決定的な証拠がなくても構いません。

たとえば、あなたがご主人の不審な行動について話をすることで、相手女性の夫も、「そういえばウチの妻も・・・・・・」と同じように疑念を抱く点が見つかる可能性も高いです。

そうして相手女性の夫があなたの言葉を信じれば、当然、自分から調べに動くでしょうし、妻を問い詰めて浮気をやめさせる方向に動くことが期待できます。

ある方のケースでは、あらかじめ相手女性の夫との間で打ち合わせをしておいて、夫が帰宅している時間帯に、あえて抗議の電話をしてもらって、そこから夫婦の話し合いに持ち込んで、夫に謝罪と別れる約束させることに成功した、という事例もあります。

もちろん、あなたが裏で相手女性の夫と結託していることは、知られないようにすることは言うまでもありません。

注意点としては、相手女性の夫が、本当に激怒して、ご主人に対して威嚇的な行動をしてくる可能性もあります。

ご主人としても、相手男性から抗議されることは、非常に怖さを感じるものですし、「話がある」と自宅や会社に押しかけてきた、といった事例も実際にあります。

ですのでこれは、諸刃の剣となる方法ですが、ある意味、それぐらい痛い思いをしないと、ご主人自身が懲りないということもあるかもしれませんので、目をさましてもらうためのきっかけとしては、多少は怖い思いをしてもらうことも、逆によいクスリとなるかもしれないです。

問い合わせ