浮気対処法・逆ギレされないために

逆ギレされないためには、逆ギレさせるきっかけを作らない、ということが大事です。
イラスト
たとえば、もしもご主人の携帯から、浮気の証拠となるメールを見つけたとしても、それをそのままご主人様に見せて問い詰める、というのではダメです。

それでは、キレてください、と言っているようなものです。

黄門様が印籠を見せて、「悪人ども、観念しなさい」といっても、みんなバタバタ暴れるじゃないですか。

それとおんなじです。

いえ、あなたが問答無用でご主人を一刀両断にできるなら、別にキレられてもいいんですけどね。

でも、普通は、ご主人がキレてしまうと、話し合いにならなくなりますからね。

キレないように、いかに追い詰めずに認めさせるか、ということを考えなければいけないわけです。

で、意外に効果的なのが、あえて『偶然』を装って事実を聞く方法です。

偶然と故意では、同じ結果であっても、経緯が全く違います。

たとえば、携帯電話を勝手に見る、というのは故意です。

でも、ご主人のワイシャツからホテルのマッチが出てきた、とか、たまたま友人と出かけたら、そこでご主人様と相手女性を発見した、というのは、偶然であり、あなたの意図は含まれません。

あなたは何もしていませんから、ご主人はあなたにキレようがありません。

もしキレても、「どうして私に逆ギレするの?私は何もしてないでしょ?」とやり返せます。

でも、もちろん、そんなに都合よく、「偶然」なんてないですよね。

だから、「偶然を作る」んです。

つまり、ご主人に実際に見せる証拠は、偶然を装って、またまた見つけたようにして、その裏では見せられない証拠を、確証を得るために揃えていく、ということが必要なのです。

携帯メールは、そのやりとりしている内容から、今度いつ会うか、ということがわかる場合がありますし、どこで待ち合わせをしているか、が推察できる場合があります。

そしたら、そのメールをご主人に見せて問い詰めるのではなくて、そこで偶然あなたを見たとか、友達から聞いた、という話をつくり、メールを見たという話しを抜きにして、切り込んでいくのです。

ただ、もちろん、それだけではご主人は事実を認めないかもしれません。

なので、キッズ携帯などのGPS 端末機能を利用して行動を追尾したりして、行動の裏をとるようにしていくことが必要になってくるのです。

 

問い合わせ