浮気・逆ギレ夫の対処法

逆ギレされるのが怖い、というご相談、とても多いです。

でも、その反面、実はあなたの行動が、そのままご主人の逆ギレを誘発していることもあります。

典型的なパターンをご紹介しますね。

たとえば、浮気の証拠を掴むために、ご主人の携帯メールをチェックしたA 子さんの場合。
イラスト
メールフォルダを確認したら、相手女性との交わしているメールを発見。

頭に血が上ったA 子さんは、そのままご主人のもとへ。

証拠のメールを突きつけて、「これ、どういうこと?」と問い詰めました。

するとご主人は、「おまえ、何、ひとの携帯勝手にみてんねん?」と逆ギレ。

浮気を認めてもらうどころではなくなってしまいました。

正直いって、こういう問い詰め方はまずいです。

つい感情的になってしまうお気持ちはわかりますが、これでは、だいたい50%以上の確率で、ご主人は逆ギレします。

でも、こういうふうに問い詰めてしまう方、実は結構、います。

あるいは、こんな例もありました。

浮気を怪しいと直感したB 子さん。冗談気味に、「あなた、浮気してるんじゃないの?」と問いただしました。

するとご主人は、「してるわけないだろ?そんなに疑うなら、俺の携帯、見てみなよ」といって、B 子さんに自分の携帯を渡しました。

奥さんは、受け取った携帯を、その場で確認しはじめました。

すると突然、ご主人はこう言ったんです。

『こいつホントに見やがった!なんでそこまでするの?信じられない!』と、自分で見てみろっていっておいて、見たら、逆ギレ。

でも、B 子さんはご主人の剣幕にひるまずに携帯をチェックしたら、実際に浮気のメールがざくざく見つかったんですけどね。

でも、そもそも、逆ギレって、なんなんでしょうか。

私は、逆ギレの80%以上は、意識的にやっていると思っています。

つまり、わざとキレてみせているのです。いうなれば、演技です。

どうしてそんなことをするかというと、例えば携帯を勝手に見られたことで、ご主人の頭の中では、こんな思考が働いています。

まずい。浮気がバレてしまった。

このままでは問い詰められる。圧倒的に不利だ。

でも、携帯を見るなんて普通するか?

プライバシーの侵害じゃないか。

そんなことやっていいのか?いや、いいはずがない。

よし、逆ギレして反撃してやる

と、自分の浮気を棚にあげて、あなたを責める側に転じようとするのです。

また、自分が裏切っている立場であっても、「夫である自分を信じていないのか」という自尊心が傷つれられた思いで、怒りがこみ上げてきて、感情をあらわにしてみせて、信じられない、もうやっていけない、とキレて見せるわけです。

つまり、浮気をしたという自分の立場は圧倒的に悪いですし、不利なので、逆ギレというパフォーマンスによって、あなたをひるませ、立場を逆転させようとしているのです。

そして、感情的にぶつかるような場面を作って話し合いを不能にしたり、追求をかわそうとしているわけです。

だから、そこであなたが謝ったり、うろたえたりすると、それこそ、ご主人の思うつぼになってしまいますので、あくまでもその手に乗らないように注意してくださいね。

問い合わせ