浮気の対処・手紙やメールで話をする際の注意点

イラスト  浮気相談をお受けしていると、「夫に直接言うのは怖いので、手紙かメールで話したいと思っています」という方がいらっしゃいます。

確かに、「浮気してるの?」と直接聞ければよいのですが、ご主人が話し合いに応じてくれなかったり、逆ギレされそうな心配があるときは、手紙やメールで伝えたい、という状況やお気持ちは理解できます。

でも、手紙やメールは、ご主人の反応や心の動きをリアルタイムに見ることができませんし、書き方、表現のしかたをひとつ間違えば、ご主人の怒りや誤解を招いてしまう恐れがあります。

また、返答までに考える時間を与えてしまうことになるために、巧妙な嘘や言い訳を準備されてしまう危険もあります。

それでも、手紙やメールしか手段がない、という場合には、内容や書き方に十分注意するようにしてください。

書き方としては、『話したいことがあるが、あなたが怒ったり、二人の関係が悪くなるのが怖いから、手紙で伝えたい』 といったように、「どうしてこの手紙を書いているのか」の理由をきちんと書いて、そのうえで、あなたが思っていることや、伝えたい事実を書くという構成にします。

また、「あなたの携帯をチェックしたら、あなたが浮気相手と交わしていたメールが残っていた」とか「あなたの車にGPSを仕掛けたから、行動はすべてわかっているのよ」といった内容は、読んだご主人が激怒しかねないので、そういう事実は書かないほうがよいでしょう。

仮に、どうしても書かざるを得ない場合は、そういうことをしなければならなかったあなたの気持ちや、あなたが苦しんでいた状況を伝えて、やむをえないことだった、という弁明をきちんとすることが必要です。

そして、あなたが望んでいることを伝えるとき(浮気相手と別れて欲しいなど)は、要求するような書き方よりも、『2人が仲のよかった頃に戻りたい』、といった書き方のほうがよいでしょう。

手紙は基本的に一方通行の情報伝達の手段ですので、その内容に対してご主人がどう思っているのか、返答を求める方法も考えておかなければなりません。

つまり、読んだあとに手紙やメールを出して欲しいのか、電話をしてほしいのか、直接話し合う機会を持って欲しいのか、そしてそれはいつまでに?ということも、伝えておく必要があります。

おおむね、男性は物事に直線的な結論を求める傾向がありますので、あなたが手紙の中で、自分の気持ちを書き綴っていこうとしても、それを読んでいるご主人は、「だからどうしたいの?別れたいの?」といったように、短絡的に結果を推察したりする可能性があります。

また手紙は、書いてすぐ出すのではなく、できれば一日経過して、気持ちと考えが落ち着いてから、もう一度読み返してみるようにしてください。

自分の感情が手紙の上に溢れるように書き綴られている場合は、もう一度書いてみることをお勧めします

あなたが感情的な書き方をしてしまうと、それを読んだご主人は、『直接言いたくないからって、手紙を送りつけてくるなんて(怒)』と、あなたの気持ちを理解する前に、反感を抱いてしまうでしょう。

当然、「浮気をされて私は苦しいの、私の気持ち、わかるでしょう?」といった相手に理解を求めようとする書き方もよくありませんので、 『苦しくてどうしても耐えられなくて、私はこれを書いています』といった、自分の心情を伝える書き方のほうが理解は得られます。

手紙を渡した後、パートナーのほうから反応があるまで、しばらくタイムラグがある場合もあります。

手紙を渡して、すぐに返答がないからといつて、ダメ押しで問い詰めたりしないように注意してください。

話しの切り出しは、ソフトに、静かに『手紙、読んでくれた?』といった感じで始めるほうがよいでしょう。

電話相談はこちら