夫の浮気を乗り越え、夫婦としてやり直すために

イラスト 浮気は夫婦の信頼関係を根底から崩してしまいます。

ご主人が相手女性と別れて関係を絶ったからといって、あなたはすぐにはご主人を信じられないでしょうし、何事もなかったように振る舞うことは難しいかもしません。

ご主人にしてみれば、相手と別れてあなたに対して謝罪した時点で、今回の一件はリセットできたと思っていて、なかなか元のように戻れないあなたを見て「いつまで引きずっているんだ」とか「彼女とは、もう連絡も取っていないし、ちゃんとオマエのもとに戻ってきたじゃないか!」と不満に思われてしまうかもしれません。

でも実際は、ご主人が思っている以上に、あなたの受けている心の傷は深く、不安や苦しみは尾を引きずっているはずですから、あなたが心から笑える日を取り戻すまでには、まだ相当の時間がかかるでしょう。

個人差はありますが、浮気が終わってからもとの夫婦関係に戻っていくには、早い方でも3か月くらいはかかりますし、状況や心の傷の深さによっては、1年以上かかる場合も珍しくありません。

浮気は相手女性と別れて終わりなのではなく、むしろそこからの夫婦の信頼回復にこそ、時間がかかるのです。

話しの要点をわかりやすくするために、ひとつ事例をあげたいのですが、相談者のAさんから、こんな相談を寄せられたことがあります。

「私の夫は、浮気相手と別れて、私に二度と浮気はしないと約束してくれました。

でも、私はまだ彼のことを許すことができません。彼が何かを話しかけてきたり、家事を手伝ってくれても、笑顔を見せることができないのです。彼のことを信じたい気持ちはありますが、まだ完全に信じることができません。

時々、フラッシュバックで当時の苦しさや悲しみを思い出してしまって、とても不安な気持ちになります。私たちはほんとうに、仲のよかったころに戻れるのでしょうか」

これは、ほんとうに皆さんが同様に感じられることの一つです。

フラッシュバックとは、前触れもなく突然よみがえってくる当時の記憶とともに、感情が高ぶってしまって、夫に対して言いようのない怒りがこみあげてきたり、今も相手女性と続いているのではないかと疑ってしまったりして、精神的にナーバスになってしまう状態のことです。

特に浮気が終わってから半年くらいの間は、こうしたフラッシュバックが頻繁にあることも珍しくないですから、もしもあなたがAさんのように、ご主人のことを許せないとか、信じることができない、と思っていたとしても、そのことを悩んだり、自分を責めたりする必要はありません。

「裏切られた」という思いは、まだあなたの心を深く傷つけたままの状態ですし、内心許せないと思う気持ちがあっても、それは当たり前のことだからです。

いくら浮気相手と別れてくれたからといって、そう簡単にあなたの心の傷まですぐに癒えるわけがないです。

心の傷が癒えない限り、ご主人を心から100%許すことはできないでしょうし、許せない相手を、100%信じることなどできません。

深く傷ついたあなたの心が元に戻っていくためには、相応のリハビリ期間が必要ですから、じっくり、ゆっくりと進んで行って大丈夫です。

ただ、あなたにも少しだけわかっておいていただきたいことがあります。

ご主人が、あなたの心を少しでも和らげようとして、あなたの心が閉ざされていることを承知で笑顔を見せたり、話しかけたりして、心を和まそうと頑張ってくれているときは、あなたも少しずつでよいので、拒絶や不信の姿勢を和らげていっていただきたいのです。

あなたの心が少しづつ開かれていくことが、ご主人の励みとなり、また希望となっていくからです。

そして、お二人の間に会話が増え、笑顔が増えていくなかで、少しずつあなたの心にある不安や、ご主人に対する疑いの気持ちも弱まっていきます。

そういう日々が戻ってくれば、決して遠くないうちに、夫婦一緒にいる幸せを再認識できる日が訪れてくることでしょう。

浮気相談はこちら