浮気の証拠を見つけた時

浮気の証拠を見つけた時は、すぐにでも夫を問いただしたい気持ちになるかもしれません。

でも、何事も『急いては事を仕損じる』です。

まずはその証拠が何を意味するのか、そこからどんな情報が得られるかを冷静に見てください。

たとえば財布の中のレシートひとつでも、店名、日付、時間、購入した商品や個数、食事の内容や人数などの情報が得られますし、カーナビの走行軌跡も丁寧に追っていけば、もしかしたら相手女性の自宅を突き止めることができるかもしれません。

そうした夫の行動の裏付けとなる情報をよく確認するとともに、自分の思い込みで不倫の証拠だと勘違いしてはいないか、証拠自体を客観的に見るようにしてください。

それから、ひとつの証拠をひとつだけで使おうとするのではなく、いくつかの証拠を組み合わせたり、ひとつの証拠から得られた情報をもとに、別の証拠をさらに見つけられる可能性についても、考えてみることが大事です

それによって、夫の過去の言動や嘘、SNSの利用などが紐づけされていって、思わぬ証拠が手に入ることもあります。

たとえば、あるご相談者様は、夫のスマホに相手女性からLINEが入ってきたことをきっかけに、その女性が誰なのか特定することに成功しています。

ただ、LINEから得られた手がかりは、メッセージが着信したときに表示された、「サナエ(仮名)」という名前だけ。

でも、夫がフェイスブックをやっていたことを思い出し、フェイスブックの友達リストの中に、同じ名前の人がいないかを調べてみたのです。

するとひとりだけ、夫の高校時代の同級生で、LINEの女性と同じ名前の人がいることがわかりました。

そこで、その女性のフェイスブックに飛んで調べてみると、夫と一緒のツーショットの写真や、夫が地方に出張だと言っていた日に、その女性も同じ場所の写真をアップしていたことがわかり、それが決め手となって、夫と話し合いをして、浮気を終わらせることができたそうです。

このように、一つの証拠やきっかけで終わらせることなく、複数の証拠で囲い込むことによって、より効果的に、夫に『観念』させることができるというわけです。

 

image6