浮気が本当に終わるとき

イラスト 浮気というのは、単なる遊び、軽い気まぐれで始まるものもあれば、本人さえ思いがけず恋に落ちることもあります。

あるいは、それまでの夫婦間での愛情の冷え込みや何らかの問題が根底にあり、そこに溜まった不満やストレスの逃げ場所として具現化する場合も多々あります。

よく浮気した夫が『俺には家に居場所がなかった』ということを口にすることがありますが、これはおおむね夫側の身勝手な言い分かもしれませんが、夫自身にしてみれば、相手女性と会っていることを心の救いとして、自分の精神を何とか保っていた、ということもあながちウソではなかったりすることもあります。

いずれにしても、浮気を解決するということは、実は、夫婦の間でそれまで気づかず、見えずにいた問題と向き合う、ということもセットでやっていかなくてはなりません。

そうでなければ、たとえ浮気相手と決別させたとしても、あなた方ご夫婦の気持ちが通いあわなくなってしまったり、ご主人が逆恨みして、まるで自分が被害者になったような心境になってしまったり、会話やコミュニケーションが取れずに、ふたりが一緒にいるだけでも苦痛を感じるようになってしまうことさえあります。

そんな状況では、まず間違いなく浮気は再発しますし、しなかったとしても、愛情も感じられない状態では、夫婦という仮面をかぶった同居人にすぎなくなります。

その状態になって、あなたは幸せだと思えますか?

ですから、浮気の解決は、目に見えている部分だけにとどまらず、見えない部分、つまり、夫婦間の背景に隠れていた問題にもしっかりと目を向けて、もういちどご夫婦として、本来あるべき姿に戻ることがとても大切です。

そして、これもご相談の中でよく伺う話なのですが、『夫がもう相手女性と別れていることは理解しています。でも、私は平気な顔でいる夫がどうしても許せません。夫に一言でいいから「君を苦しめてしまって申し訳なかった」という謝罪をしてほしいです。ちゃんと反省してほしいです。たった一言でいいから、夫の誠意を感じたいです』といったことを仰るかたも多くいらっしゃいます。

私は、妻が浮気を許すためには、夫もそれなりの反省と謝罪が必要だということは当然だと思います。

『別れたんだからもういいだろ!』と言う感じで反省する様子がないために、妻側の精神的苦痛がなかなか癒えず、長期間フラッシュバックが断続的に起こったり、お互いに不満を募らせていって、最終的には浮気をしたこと自体よりも、一緒にいることが困難になって離婚に至る場合もあるのです。

浮気は、あなたがひとりで解決できる問題ではないのです。

そして、浮気をした夫がひとりで終わらせられるものでもありません。

だからこそ、あなたが本当に終わりにできたと納得できる段階をもって終結としなければいけないですし、今日あなたがするべきことが、そこに向かってしっかりと道がつながっていることが大切です。

辛いときは先のことなど考えられない、今が苦しくて精一杯なのに、と思われるかもしれませんが、感情的になって、『木を見て森を見ず』では、ますます道に迷ってしまうことにもなりかねません。

今はあなたは本当にお辛いと思います。

でも、その苦しみは、必ず未来の幸せにつながっているのです。

『浮気されたことは辛かったけれども、あのときの苦しみがあったからこそ、こんなに幸せな日々があるんだ』と、心からあなたが思えるように、今取るべき行動を見失うことなく、進めて行きましょう。