夫が浮気したとき、あなたはどうしますか?

ご主人の浮気が発覚したとき、それを切り出すのはとても勇気がいることですよね。

問いただしても、事実を認めない場合もありますし、たとえ認めても、それだけでは相手女性と別れようとしない男性もいます。

そんななかで、予想していなかったご主人の反応に戸惑い、『夫とやり直したいけど、これからどうしたらいいのかわからない』と途方にくれてしまっている方も少なくありません。

ご主人の気持ちが相手女性に傾いていること自体、辛くて苦しいことはもちろんですが、『幸せだった日々が壊れてしまう』といった不安や焦りがますます判断力を失わせ、逆効果のことをしてしまったり、悩みぬいた挙句に思考停止状態になって、結果的に何もできないままに時間が過ぎてしまっている方もいらっしゃいます。

大事なのは、ご主人の言葉や態度を『不安』という感情ベースで見るのではなく、男性心理や浮気しているときに見られる特有の心情を知ったうえで、できるだけ感情を排除して見るということです。

たとえば、浮気を問いただしたときに、ご主人から『もうお前とはやっていけないから離婚してくれ』と言われてしまったような場合、その言葉だけを聞けば、絶望的な気持ちになってしまうかもしれませんが、それが必ずしも彼の本心とは限りません。

特に、浮気が始まって数ヶ月以内は、相手女性に夢中で心ここにあらず、彼女との会話に酔っている状態です。

相手女性と日夜メールを交わし、電話で語り合い、彼女から『早くあなたと一緒になりたい』などと言われたりしていることも手伝って、なんの現実感もないままに、『離婚してくれ』と言っていることも少なくありません。

ところが実際に離婚するとなれば、子どもや双方の身内にも言わなくちゃいけないし、離婚理由が自分の浮気だということが職場や友人関係にも知られることになり、いろいろ本人にとって都合の悪いこともでてきます。

もちろん、慰謝料やこどもの養育費、財産分与など、経済的な義務も負わなくてはなりません。

そういう現実的な部分が見えてくると、離婚が自分にとって『割が合わない』とことがわかってくるし、気持ちも落ち着いてくるので、当初の勢いはかなり下がってくるはずです。

実際、現実的な話をする段階になってくると、逆に『離婚』という言葉をほとんど口にしなくなり、妻の様子や顔色をうかがいながら、時には家族旅行を提案してきたり、子どもの成長を楽しみにするような発言や、数年後の将来の話をしてくるといったケースもあります。

つまり、離婚を口にしたときと冷静さを取り戻した後とでは、夫の心情は大きく違ってくるということです。

ですので、まずはあなたが、ご主人の言葉や態度に振り回されることなく、ご主人が今、どういう心情なのかを正しく理解して、あなたの中から「想像」をできるだけ排除することが大切です。

多くの場合、あなたの想像と現実には、少なからず開きがあります。

苦しく辛い日々の中での悪い想像……もっといえば、『妄想』してしまっていることを排除して、客観的に現実を見ることで、その現実を変えていくために「自分がどうしたいのか」が見えてきます。

自分が何を求めているのかが見えてくれば、そのための方法や対処のしかたについて検討することができます。

現実を見るというのは勇気がいることですし、怖い気持ちもあるかもしれません。

ですが、感情だけで動くことは、多くの場合、状況を悪戯に悪くしてしまうものです。

『どうしたらいいかわからない』というときには、無理に自分で答えを出そうとせずに、いつでも私にお電話ください。

今の状況を変えていく方法は必ずあります。

暗闇を打破して、出口につながる糸口を一緒に見つけましょう。

 

image6