妊娠中に浮気をする夫の主張

イラスト 妻が妊娠中に浮気をする夫の中には、悪びれず身勝手な主張をする人もいます。

その理由としては、

・妻とセックスできないので、欲求不満が溜まってしまう

・風俗や出会い系などの後腐れのないところで性欲を発散してるだけ

・嫁が妊娠中なら男なら誰だって浮気はしているし、バレずにやるなら問題はない

・浮気をしたぶん、妻に優しくするし、世話もするので悪いとは思わない

といったものがあるようです。

まず、基本的に夫婦には貞操義務というものがあり、伴侶以外の人と肉体関係を結ぶことは、「不貞行為」であり、『有責配偶者』として法に問われることもあります。

それは妊娠中であっても、もちろん例外ではありません。

ところが、こうした主張をする夫の多くは、自分の性欲の発散が一番大きな問題であって、妻が妊娠しているせいで、自分はその抑制を余儀なくされている、といった、ある種の被害者意識を潜在的に抱いていたりします。

そして、自分がやっている浮気は、妻に責められるほどタチの悪いものではなく、自分が妻を裏切っているという認識もほとんどないことが多いです。

でも、逆に妊娠中の妻から見れば、それを理由にして、夫が大義名分をかかげて浮気をしていることには違いないことですし、本来であれば、幸せの真っ只中にある時期に、夫の浮気で苦しむことは、心に図り知れないストレスを抱え、母子ともに健康上大きな心配が生じることにもなります。

愛する夫との間に授かった子どもを、自らの生命力を使って、まさに命がけで出産しようとしている妻をよそに、「セックスができないから」とか「妻が構ってくれないから」などという理由で浮気に走る夫は、まず夫として、父親になる身であることの自覚がまるで足りないといわざるを得ません。

ですが中には、妊娠しているときだけは遊びとしての浮気に目をつぶる、という女性もいるようです。

他の女性に本気になって、浮気の泥沼にハマるよりは、あらかじめ風俗相手であることや、期間を限定するなどの制約を定めて、性欲を発散させたほうがいいという考えからのようです。

ところが男性というのは、『このときは良いけど、このときはダメ』という垣根を守ることがとても苦手です。

いちど相手と関係を持ってしまうと、味をシメてしまって、ずるずると続いてしまう危険が高く、しかも半ば妻公認の状態で浮気をすることにもなりかねません。

子どもが生まれたあとも、「もう会ってないよ」と嘘を言いつつ、相手女性との関係が深まってしまう危険もあります。

ですので、浮気を限定的に許す、というのは、あまりお勧めはできません。

妊娠中の浮気については、もともと夫の罪悪感が薄いケースが多いため、相手や状況にあわせて慎重に対処する必要があります。

基本的には、このことで夫婦関係が壊れてしまったり、愛情が冷めてしまうことは、生まれてくるお子様にとっても、妻であるあなたにとっても、メリットがありません。

ふたりの関係にダメージを与えることなく、夫の行動を修正していく必要があります。

そのためにも、感情的に夫を責め立てたり、追求するのではなく、家庭として、夫婦としての幸せや価値観、子どもがいて、父親になるという自覚を則していく中で、夫婦としてのこれからの二人の幸せをイメージできるように、互いのあり方をしっかり話し合っていくこともとても大切なことです。

 

❖この記事を読んだ方は、こちらもよく読まれています 妻が妊娠中の浮気