夫が浮気を告白、離婚を切り出された!

イラスト夫の浮気を疑ってはいたけれど、決定的な証拠がつかめなくて悩んでいたら、ある日突然、夫のほうから浮気していたことを告白され、しかも「離婚してほしい」と切り出されてしまった・・・・・

こんなケース、実は意外と多いんです。

中には、浮気自体に気付いていなかったのに、いきなり離婚を切り出されて、頭の中が真っ白という状態で、お電話をくださる方もいらっしゃいます。

本来なら浮気をしているときは、なんとかそれがバレないように、あの手この手で隠そうとするものです。

それは、妻との関係をなるべく損なわずに、妻と相手女性の両方とうまくやりたい思いがあるからです。

ところが、浮気をあえて妻に告白するとき、夫の心情としては、隠しつづけてうまくやりたいという思いよりも、浮気を告白せざるを得ない理由または状況があって、ある意味、火だるまになることを覚悟して、妻に打ち明けているわけです。

ただ、離婚することについては、必ずしもご主人自身の意思で言っているとは限りません。

つまり、ご主人の背後で、相手女性の意思が絡んでいる場合もかなり多いのです。

例えば、相手女性には『妻とは必ず別れるから』と約束しているにも関わらず、いつまでも離婚に踏み切らないご主人に対して、相手女性が「はやく離婚してよ」とか「いつまで待っていればいいの?」などと再三求め続け、変な責任感(本当はあなたに対して責任感を持つべきなのですが)に支配されて、相手女性にいわれるままに離婚を口にするという、いわば相手の女に心をコントロールされている場合もあるのです。

このようなケースで怖いのは、あなたとの夫婦関係よりも、相手女性との関係がご主人の行動を支配するようになり、そっちの流れが本流になっていくことがある、ということです。

でもご主人は、浮気を認めた以上、『有責配偶者』です。

有責配偶者は、自分から離婚を申し立てることはできない立場ですし、社会的にも法的にも、あなたのほうが断然守られるべき立場です。

たとえご主人が「離婚したい」などと言ったとしても、あなたにその意思がない限り、一方的に離婚される心配はありません。

ですから、家族の幸せを守りたい、ご主人の気持ちを取り戻したいと思っておられるのなら、、決して弱気にならずに、気持ちをしっかり持ってくださいね。

そして、あなたはきっぱりと「私は離婚はしません」とご主人に言ってあげてください。

ちゃんと返り討ちにしてあげることが大事です。

曖昧な返事をしたり、『私が離婚してあげないといけないのかな、、、』などと思ってしまうと、脈があると思われてしまいますよ。

もしも万一、離婚になってしまう場合でも、それはご主人に言われたからではなく、あなたが十分に考えたうえで、あなたがそう望んで、あなた自身の幸せのためにプラスになるカタチで、『離婚』という選択をされるということでなくてはいけないのです。

「離婚してくれ」は言うのはタダですが、実際に離婚が成立するためには、越えなくてはいけない壁がいくつもあります。

当然、そのときには慰謝料や財産分与、お子さんがいれば養育費など、浮気の代償として、ご主人が負うべき責任も重くのしかかってきます。

『離婚だ!』と騒ぐ夫ほど、そういう現実的な問題に対して、ほとんど考えが及んでいません。

なので、あなたはその言葉に動じることなく、こうした現実的な話をしてあげると、ご主人も冷静さを取り戻してくる可能性があります。

そのうえで、対策すべきことは、弁護士を含めた各方面の専門家を味方につけて、手を打っていくことが大切です。