風俗通いは浮気ではない?

男性の中には、風俗を利用することは浮気ではない、と思っている人がいます。

イラスト風俗の場合、店が提供するサービスを対価を払って受けているだけだから、浮気ではない、とか、相手女性は仕事で自分と接していて、あくまでお客という認識なのだから、不倫とはいえないと主張する男性もいます。

法的にみると「不貞行為」とは、配偶者としての貞操義務の不履行を意味し、民法770条に離婚事由として規定されています。

旧民法では、貞操義務違反は、姦通罪にも問われる罪とされていましたが、現行法には貞操義務についての明文規定がありません。

ですが少なくても配偶者の不貞行為を離婚原因としていること(民法770条1項1号)や、重婚を禁止していること(同732条、刑法184条)点からみても、現在もやはり貞操義務は法律上の義務とされていまして、もちろん夫と妻の両方に課されています(夫婦の本質的平等、民法2条、憲法24条)

つまり法的に見れば風俗であろうと、そこで妻以外の女性と性交渉を持てば不貞行為であり、貞操権侵害に基づく不法行為として損害賠償責任の対象となります(同710条)つまり夫に対して、不貞行為についての慰謝料を請求する事もできます。イラスト

ただ、風俗店での行為で、相手も特定の女性とは限らない為、一般女性との自由意思による不貞行為に比べると、慰謝料が減額される可能性があります。

しかし、悪質性や継続性、有責性などが認められればこの限りではありません。

不倫相手の女性については、個人的な自由意志というよりも、あくまでも仕事としての行為となるため、慰謝料を請求する事は難しいでしょう。

不貞行為は離婚事由として認められている為、風俗店に行ったことを理由に離婚請求をする事は可能ですが、一度だけで本人が深く反省していたり、一時的な気の迷いからの行為であれば、婚姻を破綻させたとはいえず、夫婦関係の修復が可能と判断されることもあり、離婚請求が棄却される可能性があります。

風俗店通いが継続・常習的な場合には、れっきとした離婚原因になりえます。

尚、風俗店で働く女性と店の営業と関係なく私的に会い、女性の自由意志で肉体関係を持った場合は、
その女性に対しても慰謝料を請求する事ができます。

 

❖この記事を読んだ方は、こちらもよく読まれています リストマーク出会い系サイトの女性と不倫する夫