夫が相手女性と別れ話をするとき

 ある方からのご相談で、『先日、夫の浮気が発覚し、問いただしたところ、『相手女性とは別れる。今回だけは許してくれ』と土下座して謝るので、しかたなく許しましたが、本当に相手女性と別れてくれたのか不安です。翌日、夫は「ちゃんと彼女とは別れてきたから。もう連絡も一切取らないよ」と言っていたましたが、疑いが消えません。実際のところって、どうなんでしょうか?』といったお話がありました。

妻に『相手女性と別れるから』と約束した夫が、果たして本当に相手女性に別れを伝えているのか?

その不安や疑念を感じるのは当然のことだと思います。

実は、ほとんどの男性は、浮気相手と別れるとき、はっきりとした別れ話をしたがりません。

なるべくなら「自然消滅」で少しずつフェイドアウトしていくことを望みます。

別れ話をする場合でも、「昨日、妻に僕たちの関係がバレてしまったんだ。そのあと妻と話し合いをして、申し訳ないけど、君とは別れると決めたんだ」と毅然と相手女性に言える男性はほとんどいないんです。

それは、今までさんざん彼女に対して、甘い言葉や期待を持たせるようなことを言い続けてきた手前、妻に浮気がバレて別れ話を切り出すというのは、男性としてはこの上なくカッコ悪いし、情けない姿をサラすことになりますから、どうしてもプライドやメンツが邪魔してしまうんです。

そのため、「実は妻にバレてしまって、このままだと君が慰謝料請求されてしまうかもしれないから、しばらく会わないほうがいい」とか、「俺なんかと付き合っているのは、君にとってもよくないと思うんだよ」など、『別れたい』という意思をぼやかした言い方をすることが少なくありません。

すると相手女性のほうは、「じゃあ、あなたの本心は、私と別れたくないのね?」とか「奥さんにそう言えって強制されているんでしょ?」と解釈して、なかなか別れることに合意できなくなります。

そうならないように、夫のほうは、下手なプライドやメンツは捨てて、相手女性に対して、はっきりと「君とは別れる」と宣言してあげること。

そして、そのあとの彼女からの連絡はきっぱりと断ち、「自分には関係を続ける意思がない」という姿勢を貫くことが大事です。

妻のほうは、それでも夫をすぐに100%信じることはなかなか難しいと思います。

本当にそうなのかどうかは、その後の夫の言動を確認しながら、ひとつひとつ安心材料を積み上げていくしかありません。

夫の行動に不審なところがなく、「何もない毎日」が続いていく中で、少しずつあなたの不安は薄らいでいき、疑うことを忘れて過ごせる日々に戻っていけると思うのです。