夫が相手女性と別れ話をするとき

 あるご相談者様からのメールです。

『先日、夫の浮気が発覚し、問いただしたところ、『相手女性とは別れる。今回だけは許してくれ』と土下座して謝るので、しかたなく許しましたが、本当に相手女性と別れてくれたのか不安です。

次の日、夫に聞いたら、「ちゃんと彼女とは別れてきたから。もう連絡も一切取らないよ」と言われました。

でも、『本当に別れてくれたのかな?』という疑いが消えません。実際のところって、どうなんでしょうか?』

【ワンポイントアドバイス】

妻に『相手女性と別れるから』と約束した夫が、果たして本当に相手女性に別れを伝えているのか?

その不安や疑念を感じるのは当然のことだと思います。

実際、ほとんどの男性は、別れ話をするときに、「自分の思い」というのをはっきり言わないものです。

つまり、「昨日、妻に僕たちの関係がバレてしまったんだ。そのあと妻と話し合いをして、申し訳ないけど、君との関係は断ちたいと思うんだ」と毅然と相手女性に別れを言える男性はほとんどいないんです。

いままでさんざん彼女に対して、甘い言葉や期待を持たせるようなことを言い続けてきた手前、妻に浮気がバレて別れ話を切り出すというのは、ご主人としてしはこの上なく『かっこ悪い』ことです。

そのため、「本当は別れたくないけど、とりあえず今は会わないほうがいい」とか、「いやぁ、昨日カミさんにバレちゃってさぁ、しばらくの間会えなくなっちゃったんだよねぇ~」とか、「俺なんかと付き合っているのは、君にとってもよくないと思うんだよ」など渋々切り出すような言い方をすることが少なくありません。

すると相手女性のほうは、「じゃあ、本心は私と別れたくないのね?」とか「奥さんにそう言えって強制されているんでしょ?」というふうにとらえて、中には自宅に非通知の無言電話をかけてきたり、玄関のポストに二人の写真を入れていくなどの嫌がらせの行動をとるようになるケースも実際にあります。

こうした結果になる場合の大半は、夫があいまいにな態度を相手に対して取りつづけていたことが原因だったりします。

つまり、総じていえば、夫のほうは別れ話をしているつもりではいるけれど、相手女性に伝わるような言い方ができていないため、女性のほうは彼との会話が別れ話だとは思わないでいるわけです。

妻としても、夫の言葉に安心できず、相手女性本人にあらためて確認をしにいくと、「別れ話なんてしてませんけど」とか「今だけ会わないようにしようと言われただけです」といった答えが帰ってくることもよくあります。

問い合わせ