夫の浮気をスマホアプリで確かめたい

 

スパイアプリとは、持ち主に気づかれないようにインストールして、アドレス帳やメール、写真などのデータを転送させたり、GPSで居場所を特定したりするアプリです。

ただ、多くのものは、もともとスパイアプリとして開発されたのではなく、盗難防止用アプリやバックアップ用アプリとして世に出たものです。

いわばそれらの機能を『悪用』して他人の情報を気づかれないように見たり、居場所を特定しようとするわけです。

有名なところでは『アンドロイドアナライザー』や『iPhoneアナライザー』がありますが、これらはいずれも販売中止になっています。

また、盗難防止用アプリとして、アンドロイド端末用として今も販されている「ケルベロス」などもその一つです。

これらのアプリは、基本的に自分のスマホに、自分自身がインストールして使用する、という想定になってます。

これを、同意を得ないで勝手に相手のスマホにインストールするということは、『不正指令電磁的記録供用罪等』が適用される恐れがあります。

これはたとえ夫婦であっても同様です。

まぁ、これで実際に起訴されたという話はほとんど聞きませんが、違法行為には間違いないので、三年以下の懲役又は五十万円以下の処罰の対象となります。

ただ、どんな方法で得たとしても、証拠は証拠ですから、スパイアプリを使ったものであっても、証拠能力自体は無効にはなりません。

なので、夫の有責性や不貞の事実を証明することは可能です。

 

 

ただ、その証拠によって慰謝料や離婚が認められたとしても、あなたがプライバシーの侵害を行ったということは別件として問われてしまう可能性があるということです。

また、こうしたスパイアプリを感知するアプリというのも、別に存在します。

たとえば、『tSpyChecker』は、個人情報を漏えいするアプリが自分のスマホの中にあるかどうかをチェックすることができます。

また、スマホにアプリをインストールする際に、スマホが触られたことを感知するソフトというのも存在します。
『Gotcha! Lite』は、スマホに内蔵されていたモーションセンサーの動きを感知します。

用心深い夫は、こうしたアプリをあらかじめ入れてある可能性もあります。

またスパイアプリを勝手にインストールされるということは、された側の心情としては、たとえ自分が浮気をしていた事実があったとしても、妻のことを生理的に受け入れられなくなったり、夫婦関係に決定的な溝を生んでしまう心配もあります。

どうしても本当のことを言わない、どうしても認めようとしない夫に対して、これ以上耐えられない、最終手段として用いる場合を除いては、極力、スパイアプリには手を出さないほうがよいかもしれません。

夫の浮気を確かめる方法や証拠を取る方法は、スパイアプリを用いなくてもほかにもいろいろあります。

なるべくあなた自身にとってリスクの少ない方法を選ぶことも大事です。

 

問い合わせ