浮気の動機~家族から必要とされてない、と主張する夫

以前に、ある男性からこんなご相談がありました。

その方は自分自身が浮気をしている状態で、そのこと自体は妻に申し訳ないと思っているけれども、浮気に至った動機については、少しだけわかってほしいことがある、ということでした。

それは、「家に帰っても、家族の中に自分がいないような気がするんです。決して家族から拒否されているとか、そういうわけではないですけれど、なんだか自分の居場所がないし、どうしようもなく疎外感がつのってしまうことがあります。そして、いったい自分は何のために働いているのか、本当に家族にとって、自分は必要とされているのか、といったむなしさを感じることもあります」といったものでした。

夫が抱くこうした疎外感やむなしさは、妻に問題があるというよりも、子育てや家事の大変さを理解できずに、妻に甘えられない不満から、夫が一方的に感じている場合が大半です。

男性はおおむね『ひとり好きの甘えんぼ』の傾向があり、自由気ままを望みながらも、子どものように妻に甘えたいと思ったり、かまって欲しいという欲求を潜在的に持っています。

そして、日常の忙しさや時間のなさから、その欲求が満たされないときに、夫婦のコミュニケーション不足も加わって、妻以外の女性に優しくされたり、親しくなるきっかけができてしまうと、『妻よりも彼女のほうがオレを必要としてくれている』と感じて、その女性の存在を心のよりどころにしてしまうことも少なからずあります。

実際、浮気をした男性の言い分として、『家庭の中に居場所がなかった』と主張するケースはかなり多いです。

この『居場所がない』というのは、『場所』という物質的または空間的なものではなく、たとえば妻(お母さん)と子どもが楽しそうに話をしているときに、なんとなく会話に加わることができずに取り残されている感じがしたり、家族で一緒にいるのに、そこに自分がいることに違和感がある、といった感覚的なものです。

そして、朝から夜まで仕事で普段から家にいないお父さんほど、結果的に家族と一緒にいることがしんどくなり、自分ひとりで過ごすことが増えていったり、家に帰る時間が遅くなっていったり、家族のなかでも「お父さんはいないのが当たり前」となってしまって、それがなおさら浮気相手に傾いていく要因となってしまうこともあります。

もちろん、だからといって、それが浮気を正当化する理由にならないことは当然です。

ただ、そうした男性のもともと甘えたい心情などをを少しでも知っておくことで、夫との日常のコミュニケーションの取り方が違ってきますし、それが結果的に浮気の予防につながることは、少なからず言えることだと思います。

問い合わせ