浮気しない男は何が違うか

世の中には、『浮気をする男性』と『浮気をしない男性』がいます。

また、同じ『浮気をする男性』であっても、職場などで、思いがけず告白されて求めに応じてしまった、という場合もあれば、出合い系サイトなどで自分から積極的に相手を求めている場合もあります。

イラスト出合い系などで、はじめから浮気をするつもり(たとえ遊びであったとしても)で女性と接触する男性は、ある意味確信犯ですから、それはまた別の機会にお話しするとして、ここでは、思いがけず告白されてしまった場合を例にして、浮気をする男性の心理や思考についてお話ししてみたいと思います。

既婚者でありながら職場の女性から告白されたり、デートに誘われたりしたときに、そこで踏みとどまれる男性と、躊躇することなく誘いに乗ってしまう男性とでは、その思考にいったいどんな違いがあるのでしょうか。

実は、前者タイプの男性は、その女性との関係を、無意識のうちに「ふるい」にかけていることが多いです。

つまり、職場において女性と仕事をすることは、避けられないことだし正当性があるといえるけれども、その女性と親密な関係になることは、仕事や私生活において正当性がないし、そうした関係が進むことは、むしろ自分にとってリスクやマイナスになることを理解して、自分の行動をセーブすることができるわけです。

ただこれは、『理性』というのとはちょっと違います。
理性というよりは、どちらかというとトラブルを回避したいという自己防衛本能といったほうがよいと思います。

理性が働くのは、自分自身も、その女性に好意を感じ始めたときです。自分も好きだ、という思いをもつからこそ、妻に対して誠実でありたい、家族や生活の幸せを守りたい、といった思いが欲望に勝り、はじめてここで、『理性』というブレーキが作動するわけです。

一方、後者の男性は、女性との出会いに対して、さほどの意味や正当性を求めてはいません。

妻がいても、それはそれ。せっかく女性と親しくなれる機会があったのだから、そのチャンスをフイにするのはもったいないとばかりに、メールのやりとりがはじまったり、デートをするようになっていきます。

つまり、理性によりも欲望がベースになった行動をしているわけです。

ただ、本人はそういう考え方をしているものだから、そもそも悪気がありません。
ましてや妻を苦しめるつもりもないし、これがもとで離婚になるなんて考えてもいない場合が大半です。

そして、恋心でテンションが高ぶっていますので、思考力も判断力もグダグダです。

トラブルを回避したいといった自己防衛本能も、バレたらまずい、といった程度のレベルでしか働かず、メールを消去したり、子どもでも見破れるような嘘をついてごまかそうとするわけです。

こうやって見ると、浮気にハマりやすいのは圧倒的に後者のように見えます。

ですが、思いがけずに相手女性にハマってしまうのはどちらかというと、実は前者のタイプの男性のほうなのです。

それは、前者の男性は、浮気に陥らないように、自分なりにブロックをしているわけですが、それを破って相手との関係が始まってしまうと、根が真面目な分、歯止めが効かなくなってしまう傾向があるためです。

そして、その女性との関係に、逆に正当性を求めていってしまうこともあるのです。

『オレはもう彼女のことしか考えられない。だから離婚してくれ』という状況に陥ることも・・・・・。

一方、後者のタイプの男性は、はじめから軽く考えているので、そのぶん深刻になりにくい、という部分があります。

ただ、深刻にならない分、自分のしていることに深い罪悪感も感じないので、反省もしないし、ずるずると続いたり、次々と相手を変えるなどして、繰り返しになってしまうもこともよくあります。


【追記】

ここでは話しをわかりやすくするために、『浮気をする男性』と『浮気をしない男性』の二つの思考についてお話をしましたが、実際には、男性が浮気をする背景はさまざまな要素が複雑に絡み合っていることが多いです。

たとえば、若い頃にあまり女性経験がなく、歳をとってから特定の女性にハマってしまった男性と、結婚する前から女性の友達が複数いて、その交友関係が結婚後も続いているような男性とでは、『不倫』というものに対する認識や倫理観がまったく違います。

あるいは、仕事におけるストレスから逃れたい、家庭の中で疎外感を抱いている、さらには、妻に対してコンプレックス(劣等感)を持っていて、心を開くことができずに、浮気相手へ逃げ場所を求めている場合もあります。

ですから単に、浮気を暴いて相手女性と別れさせる、とか、夫に反省させて夫婦関係を修復する、というオートマチックな方法は、実はその後の夫婦関係が冷め切ってしまったり、妻の心がまったく癒されずに、いつまでも苦しい状態が続いてしまう、ということになりかねません。

そのため私の場合は、コンサルティングのなかで、浮気の状況や経緯とあわせて、ご主人の性格や日常の様子、お仕事の状態、ご家庭での言動などを、お話しいただける範囲で詳しく伺います。

それは、そのご主人が浮気に対してどういう認識、捉え方をしているのかを分析し、思考の傾向を読み解いていったうえで、ご主人のタイプにあわせて、対策方法を考えていく必要かあるからです。

そして、あなたがご主人と話しあいをするときには、『不倫はダメ』という一刀両断的な言い方や、あなた(妻側)の視点や倫理感から説得しようとするのではなく、相手(夫側)の視点と倫理感に立った上で、夫の態度や反応に対して、どういう向き合い方をすればよいか、どうやってあなたの思いをご主人に伝え、理解してもらい、最終的にあなたの求める結果に結び付けていくかを考えておく必要があります。

その戦略を練るためにも、夫の思考をしっかり理解しておくことは、とても大切なことといえます。